カタカナ外来語は素晴らしい文化!

公開日: : 最終更新日:2014/11/20 中国語学習, 台北生活

カタカナ語が氾濫する…日本語の危機!なんて時々耳にしたもんですが、台湾に居るとジャパンのカタカナ素晴らしいと思わざるを得ないのです。

人名や地名なんて…
莫礼特
史匹柏
威尼斯

答えは上から…
モーツァルト
スピルバーグ
ヴェニス

カタカナのお陰で、視界に入れただけで固有名詞と言うのがすぐ分かる!でもそんな音声表記だけじゃなくて、カタカナがあることで物の認識が容易くなっていると思うのです。
中国語は、漢字しかないので外来のものにも漢字を当てます。固有名詞の場合は上述のように似た音声のものを。食べ物や機能や概念については、意味から漢字を当てます。

例えば…
水果紅酒(サングリア)
白汁煙肉意大利粉(カルボナーラ…)
果醬(ピューレ…)

それぞれ内容でどんなものか説明しております。でも起司(チーズ)みたいなメジャーじゃないものは、店によって表記が異なります。なんたって意味を漢字で表現できれば、全部正解なんですものね。っていうくらい、中華料理以外の食べ物表記は大雑把!!

上の三つもwikipediaに載ってないし。これこそが、台湾で西洋料理が不味い理由なんだと思うんですが…。言語で区別されないものは認識されないという意味で。

例えば、こちら(日本で言うところの)パン屋というものが無い。蛋糕(ケーキ)店/麵包(パン)店と時によって名前が変わって使い分けがされていないんだけど、内容は総菜パンと菓子パンとケーキを売っているお店がマジョリティ。台湾人に言わせれば、菓子パンも、ケーキも、ババロアも、東京ばななも、博多とおりもんも、全部「蛋糕」(ケーキ)。つまり、甘いパン&洋菓子全部ケーキってこと…?なので、穀物パンとか食パンとかバゲットとか、THEパン専門店って少ない(一部、独逸人が来台して開店してるみたいだけど)

なので、ケーキ、カヌレ、バームクーヘン、ババロア、ティラミス、クロカンブッシュ、カステラ…と細かく区別して認識させてくれているカタカナのお陰で、日本にいる皆さんはアジアなのにうまーい洋菓子を堪能できるのではないかと。カタカナが外来文化の受容にピッタリ大活躍なのですね、きっと!

でもね、会社での会話を聞いていると、
「這case的話…」「那個proposal是…」「價格dropped時候…」って英語をそのまま外来語として使っているんだよね。外来語が問題になるのって、自国語に語彙があるのにそれが置き換わる時だけだと思うなぁ。なので、どうせ使うならカルボナーラとかカヌレとかの固有名詞を覚えて欲しい…。

というわけで、日本帰国の時の楽しみは和食はもちろん、美味しい西洋料理/西洋菓子だったりします。

スポンサードリンク

関連記事

台北の現地美容院、放浪記。

東京は大雪が降ったようですが、台湾では勿論降りそうにない(友達によれば10年に一度ぐらいは降るかも、とのこと)。ただ、寒波が今週来るということで、ユニクロでヒートテックを仕入れてきた。 寒いと髪

記事を読む

no image

中国語の句読点は3種類

週末に中国語を学習中の私。授業でも時々、500字程度の作文の宿題が出るのだけど、その時注意するのは句読点。日本は2種類ある句読点も、中国語には3種類あるのだ。 一つ目は日本語と同じ、ピリオドの意

記事を読む

no image

東京にしかないもの(日本人のアドバンテージ)

先日東京に一時帰国しました。半年振りの日本なので、日本であれもコレも買わなきゃって思うかと思いましたが、意外とそんなに必要なものはないのでした。こちらでも日本のものは沢山売ってるからねー。 台湾に暫

記事を読む

no image

外省人に聞いた二・二八事件、和平紀念日

2月28日、和平紀念日。台湾の休日。二・二八事件(wikipedia:二・二八事件)が起きた日。 この記念日であった木曜日、台湾人の友人(30代前半の外省人)とこの事件について話して、今迄の理解と大

記事を読む

台北カウントダウン・ライブ事情&場末な年越し風景w

あけまして、おめでとうございますっ。 台北で2回目の新年。日本みたいな新年雰囲気はございません!新年を台湾で、旧正月を日本で過ごすと、新年を感じずに新年を迎えることができます。ちょっと寂しいw

記事を読む

no image

国民背番号制を思う|居留証の住所変更に行って来た〜

台北市内引越しを済ませた私、まだまだやる事はたくさん。一番大事なのは、居留証の更新!入国後のビザでありIDであり外国人登録証である、1枚3役の優れものである! 住所を変更したので、これも更新へ。パス

記事を読む

台湾企業の忘年会、尾牙(うぇいやー)へ!

旧暦で民俗行事が行われる台湾。もちろん正月も旧暦で祝われる。旧暦って書くと時代遅れ感があるけど、農曆 or 陰曆は季節感があって良い。日本は何故行事まで太陽暦にしてしまったのかと残念な気持ちにすらなる

記事を読む

お年玉欲しいなぁ。台湾にも新年の雰囲気

さてさて、台北での農曆(旧暦)新年の訪れシリーズ。尾牙(会社の忘年会)に続き、今度はお店の飾り付けをご紹介。 1月の2週目あたりから街では色々と新年グッズを見かけるようになってきた。2013年の元旦

記事を読む

no image

2度目のクリスマスイブin台北でした

お気に入りのクリスマスキャロル。the twelve days of christmas. 英語ウィキペディアでは、この曲だけでもながーい記事があって歌詞も色んなバリエーションがあるぐらいメジャーな曲

記事を読む

菱角の屋台

菱角(菱の実)は台湾冬の名物

旧正月も開けて日に日に暖かくなり、昼間は20度を超える日も増えて来た台北。遅くなりましたが冬の食べ物の話題ですw 冬の名物ー菱角(菱の実) 台湾の冬といえば、各種火鍋や薑母鴨、麻油雞、羊肉盧など身

記事を読む


Comment

  1. 小太郎 より:

    はじめまして、ぼくも台北に住んでいるものです。
    台湾の人は9割以上が英語話せるのが最近羨ましいと思っていますが、この記事を見たら日本の和製英語でも意外と利点があったんだなと思いました。日本はガラパゴス文化なんて言われていますけど、ちゃんと海外の文化も吸収しているんですね。

    • showizzy より:

      小太郎さん<
      はじめまして。コメントありがとうございます。

      9割以上の人、英語話せますか??それ、私の知っている台湾ではありません!(笑)
      でも話せる人も話せない人でも、理解しよう、どうにか伝えようとしてくれる人はとても多いですね。

      海外のものを吸収するのは、日本はかなりすごいなーと思います。
      ガラパゴスになっちゃうのは、発信や伝えるのが苦手だからなのかもしれませんねえ・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 
台湾プリペイドSIMで電話番号を長期保存する

お久しぶりです。突然ですがまもなく台湾を離れるので、その準備に追われて

野良猫 in 台北のまちかど
「台湾猫の楽園」猴硐猫村と、野良猫のエサやり

最近、30代一人暮らしの寂しさからか何なのか、猫との共同生活に興味津々

悠遊卡-小銭チャージ。このタイプの機械!
台湾で余る大量の小銭は、悠游卡にチャージしてしまおう。

台湾旅行者リピーターも、在住者にもオススメ。 台湾での小銭の処理方法

激安!台北マンゴーかき氷の定番「冰讚」

夏の台湾。今の時期、6~7月はマンゴーの旬ど真ん中の時期です。 むし

香港旅行の感想

数週間、香港+広州+深圳に行っておりました。 香港と中国、それぞれ私

→もっと見る

PAGE TOP ↑