台北カフェ:蔡明亮咖啡走廊(中山堂)で小津映画を鑑賞

公開日: : 最終更新日:2014/12/01 台北カフェ, 映画

台北で、今のところお気に入りno.1カフェ 蔡明亮咖啡走廊に昨日行ってきました。

■蔡明亮咖啡走廊紹介

蔡明亮とは、マレーシア華僑の映画監督。主に台湾で活躍していますが、国際的な賞も受賞している台湾の代表的な映画監督です(マレーシア人だけど)。
この中山堂、元々は台北公会堂という日本統治時代に建てられたもの。中華民国政府に接収された後、今ではコンサート、映画、演劇などの催し物が行われています。
台北の中山堂(台北公会堂)
中山堂

中には、中華風の茶屋や西洋風の喫茶店もあるのですが、私は4階の蔡明亮咖啡走廊にまっしぐら。縦に細長いお店です。

蔡明亮咖啡走廊
今日は、コーヒー(100元)とクッキー(50元)を頼みました。静かで雰囲気もある良いお店にしては良心的な価格ですな。
水出しコーヒーは夏季限定ですが、美味しい上にカップが涼しげで可愛いデザインだったのでオススメです。180元とホットよりも少しお高いんですが。
蔡明亮咖啡走廊
ふと、西門なんて台北の原宿のような街にあって、なんでうるさくないんだろう。と思えば、若者が少ないんですね。クラシックや演劇の建物というイメージがあるから、若者が寄り付かないんだろうと思います。
お陰で、本当に静かな環境が保たれていてありがたいですw
店内では、コーヒー豆の他、蔡明亮作品に関する書籍、中国の古い歌謡曲のCD、台湾の建築本などを販売されています。
わざとらしい「ザ・アート」な感じが薄いので、好感が持てます。

■映画スクリーンも併設!

さて、この日。なぜか蔡明亮監督が店内をウロウロしてるな(失礼!)と思っていたら、本人から声をかけられました。
監督「映画見ない?」
私「え、あなたの作品ですか?」
監督「あなた日本人?今日は小津作品です。7:30から。いらっしゃいよ。」
どうやらこの日、カフェで週末開催していた映画イベントの最終日とのこと。カフェに併設されている劇場で映画上映会をしていました。
屋外の劇場。昨年2012年は、屋根がなくて客席にはブルーシートが掛かっていたんですが、今は屋根が出来ているので雨の日でもOKみたいです。
スクリーンも音声も十分綺麗でしたし、西門なんて都会にあっても中華路から少し奥に入っているためか、騒音もなく良い環境でした。
何より、お客さんが普通の映画館より静か!NFCレベルであるw
普通の映画館だと、食べる飲む、袋菓子のガサガサ音、話し声……やはり年配の方が多いから静かなんだろうか。I LOVE 中山堂。まぁ、古い映画なんてマイナーなもの好んで観に来る人達は余計に静かなんだろうなぁ。
上映前に解説をする蔡監督

この日は、小津「一人息子」(中文:獨生子)を上映。
最近台湾では、山田洋次「東京家族」が上映されていて「東京物語」の小津に注目されているのと、母の日にちなんでこの作品を選んだとのこと。

解説者と監督でのトークは映画の前後、合計30分ぐらいはあっただろうか。
日本の団塊の世代がどうとか、社会や文化的背景までも説明されていて、外国で日本映画を見るってこういうことなのかーと感心しました。(半分ぐらい中文が分からなかったけどw)
「幸せ」とか「結婚」とか「成功」とかの意味は、世代ごとに変わりますが、この「親子」というテーマは何年経っても変わらないのかなぁ。今よりも個が重視されて、血縁よりもネットで知り合った友達の方が大事に思われる時代になっても、親子の葛藤というのはあるんじゃないかなぁと思います。
つまり、あまり親と関係良好とは言えない私でも、少し感じる所があったので、母の日にはメールの一本でも送ろうと思いました。

■お店の情報

蔡明亮咖啡走廊Facebookページ住所:台北市台北市中正區延平南路98號4樓
電話:02-2331-2727

関連する投稿:

映画感想:蔡明亮カフェと台湾映画。
映画感想:東京家族
台北のカフェ事情。お気に入りカフェを見つけるぞ!

スポンサードリンク

Test A2 – 7PC

  

関連記事

no image

台湾で日本映画をみたー:テルマエ・ロマエ

昨日台北で公開となった「テルマエ・ロマエ」です。中文タイトルは「羅馬浴場」 台北の劇場では、アメリカ映画しか観た事がなかったので、日本映画を台湾で観て感動しました。 何って、中文/英語の2

記事を読む

no image

台北のカフェ事情。お気に入りカフェを見つけるぞ!

日本に居た頃は、お気に入りのカフェに入り浸っていたわたくし。大学生の頃は、他にやることも無いので(いや、勉強しなさいよ)、古い喫茶店で読書/昼寝/瞑想をしておった。 台北に来てからはカフェ通いも

記事を読む

no image

映画感想:蔡明亮カフェと台湾映画。

最近、台湾映画を見ている。きっかけは、友達とカフェに行ってから。日本時代の建物だということで行ってみたのだが、これがなかなか良い。週末はどこも満杯。台北人はスタバ以外行く所がないのかなー、と思う程カフ

記事を読む

no image

続き・台湾で日本映画をみたー:テルマエ・ロマエ

前記事はこちら 先週金曜、8/31日台北にて公開のテルマエ・ロマエ、公開1週目の週末興行成績で1位。日本映画としては「着信アリ final」以来6年振りの快挙、らしい。 レンタルビデオ屋に

記事を読む

no image

映画感想:プロメテウス

極力ネタバレなしの方向で。 映画「エイリアン」の前のエピソードとされる、「プロメテウス」を観てきました。 "prometheus"「プロメテウス」 ★★☆☆☆ アクションとCGと映像だ

記事を読む

no image

映画感想「闇の子供たち」「コーラスライン」「プラダを着た悪魔」

最近みた映画; ■「闇の子供たち」★★★★☆ 邦画特有の垢抜けなさが目につく。でもテーマは勿論、江口洋介&タイの役者、プラパドン・スワンバーンの演技は良かったよ。 最後にちょっとビックリ

記事を読む

no image

台湾から甲子園出場!台湾映画「KANO」感想

もうタイムリーなネタではありませんが、台湾で2月末から公開されている映画「KANO」についての感想です。 映画 KANO とは 大雑把に紹介すると、日本統治時代の台湾の嘉義農林学校の野球チームが甲

記事を読む

【台湾カフェ】西門・Moutcha Cafe 沐茶閱讀咖啡館

台北にて純喫茶を求めて、早2年。お気に入りの店を増やすべく、コソコソとスタバ以外のカフェを探索中の @shz_akb です。 関連記事:台北のカフェ事情。お気に入りカフェを見つけるぞ! そ

記事を読む

no image

台湾映画「逆光飛翔」をみた。

9/21に公開になった、台湾映画「逆光飛翔」(邦題「光にふれる」)を観にいった。 実話を基にした今作品。 視聴覚障害の少年が親元を離れて音楽大学に入学する。昔のトラウマでコンクールからは長年遠

記事を読む

no image

映画感想:東京家族

昨晩、4月19日台湾公開となったばかりの「東京家族」を観てきました。日本映画を、外国で英中字幕付きで見るというのはなかなか不思議な感じです。 日本では公開が1月だったので、3ヶ月遅れ。でも話題作はこ

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スポンサードリンク
 
中華電信プリペイドSIM
台湾プリペイドSIMで電話番号を長期保存する

お久しぶりです。突然ですがまもなく台湾を離れるので、その準備に追われて

野良猫 in 台北のまちかど
「台湾猫の楽園」猴硐猫村と、野良猫のエサやり

最近、30代一人暮らしの寂しさからか何なのか、猫との共同生活に興味津々

悠遊卡-小銭チャージ。このタイプの機械!
台湾で余る大量の小銭は、悠游卡にチャージしてしまおう。

台湾旅行者リピーターも、在住者にもオススメ。 台湾での小銭の処理方法

マンゴーかき氷 冰讚ー外観
激安!台北マンゴーかき氷の定番「冰讚」

夏の台湾。今の時期、6~7月はマンゴーの旬ど真ん中の時期です。 むし

HongKong
香港旅行の感想

数週間、香港+広州+深圳に行っておりました。 香港と中国、それぞれ私

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑