男2人で子育て!台湾ドラマ「兩個爸爸」と同性婚について

公開日: : 最終更新日:2014/09/04 ニュース・芸能, 台北生活

普段からテレビドラマは見ない私。時々ハマる時があって、今は1本の台湾ドラマを観ております。

■台湾ドラマ「兩個爸爸」

3/26に始まった、台湾ドラマ「兩個爸爸」(2人のパパの意味)。2人のイケメソが女の子を養うというストーリー。3人の愛溢れる生活描写が、腐女子や私が喜ぶ内容になっております。中国語の勉強も捗るっちゅーもんです。
第一話は、彼女の出産した子供を産婦人科に観に行くと彼氏の他に男がもう一人。二股から気まずく感じた彼女は、父親が分からないので2人に子供を託す旨の置き手紙を遺して消えてしまった…その後、娘はパピィとダディと3人一緒に暮らす。

■で、パパ2人の関係はどうなの?

子供と3人でショッピングしたり、幸せな家庭描写。2人の父親は、弁護士と花屋のオーナー。イケメンなので女性からも言い寄られる。というかなーーり、ファンタジーを含んでおります。
彼女の二股から暮らす事になった2人は異性愛という設定です。近所の人に「お2人はもしかして…?」と疑われる場面では全力否定してますが、幸せな同居の様子に腐女子や私のようなのはさぞウキウキする内容でしょう。

■男性2人家庭のイメージを描くこと

異性愛設定だったり女性の影がチラ付いてはいるので、LGBT家庭ではありません。でも、娘役の子が「どちらも本当の私のお父さんです」「3人一緒が良い」と言ったり、男性2人+子供の家庭像が出来上がっている所が凄いと思う。別に社会派ドラマではないけれど、こうした像を描けるのが凄い。この許容範の広さ、さすがアジアで初の同性婚の法案が提出された国だけあります(可決されてないけど)。
個人的に同性婚したいかは別として、そういう選択肢があることはマイナスには成らないと思うです。結婚したくない同性愛の人や、異性愛の人の権利を否定するものでもないし。なのでズバリ描写しているドラマではないけど、こうした家庭のイメージが普通の時間帯に、テレビ局の看板ドラマとして放映されているのはすごいなぁ、と思うのです。

■台湾ドラマのクオリティ

いや本当は、同性婚がどーのとか考えも無しにただ「イケメン家庭」を観たいだけなんすけどw 中国語が分かれば、とても普通に楽しめます。日本でもその内ケーブルテレビやBSとかで放映するんじゃないでしょうか。
それにしても台湾ドラマ、ここ10年でかなり進化してる。前に観たときはトレンディドラマでさえ、シーンの繋がりが意味不明、5,6曲のBGMを1時間ずっと使い回し、昼ドラよりも酷い状態だったのが、自然に楽しめるようになってる。

■兩個爸爸の宣伝

なかなか面白いのが兩個爸爸の宣伝。最近の台湾ドラマがそうなのかしら。
兩個爸爸Facebook 公式ページでは、記者会見やメディア取材、ドラマのシーンの画像や出演者インタビュー、ネットユーザーによるマッド画像まで掲載されていて、たくさんの「いいね」を獲得してる。
お金出して更新されなくなる公式ウェブサイトを作るよりも、色々な情報が個別にシェアされていくFacebookページの方が、台湾には合っているような気がした。
あと、中国大陸のtwitterと呼ばれる微博にも兩個爸爸公式ページが設置されて、「どちらのパパが好き?」という投票イベントでキャラ&ドラマの内容に興味を持つ仕掛けがされてる。台湾だけかと思ったら、多くの簡体字の投稿があるので、大陸の人も多くが観ているんだろう。
大陸でも台湾でも、とにかく注目を集めようという作戦なのかしら。でも、どうやって大陸から金回収してるんだろー。

(2013年5月18日追記)
この中文ニュースで、海外版の版権を4大陸12カ国に売ってるとあるので、海外版、近いうち出て来るんでしょうねぇ。日本も買ったのかしら。

兩個爸爸賣到非洲 外銷12國收5000萬
http://www.libertytimes.com.tw/2013/new/may/18/today-show14.htm

スポンサードリンク

関連記事

no image

続き・台湾で日本映画をみたー:テルマエ・ロマエ

前記事はこちら 先週金曜、8/31日台北にて公開のテルマエ・ロマエ、公開1週目の週末興行成績で1位。日本映画としては「着信アリ final」以来6年振りの快挙、らしい。 レンタルビデオ屋に

記事を読む

no image

2度目のクリスマスイブin台北でした

お気に入りのクリスマスキャロル。the twelve days of christmas. 英語ウィキペディアでは、この曲だけでもながーい記事があって歌詞も色んなバリエーションがあるぐらいメジャーな曲

記事を読む

(同性婚 in 台湾) 多元成家草案ーその1. 過去の流れをざっくり振り返る

アジア最大級のゲイパレードが開催される台北。ちょっと注意しながら街を歩けば、手をつなぐ女同士、男同士のカップルを見るぐらいに、日本人からすると一見開放的な雰囲気があります。 あくまで閉鎖的な

記事を読む

no image

国民背番号制を思う|居留証の住所変更に行って来た〜

台北市内引越しを済ませた私、まだまだやる事はたくさん。一番大事なのは、居留証の更新!入国後のビザでありIDであり外国人登録証である、1枚3役の優れものである! 住所を変更したので、これも更新へ。パス

記事を読む

台湾のくじ付きレシート「統一發票」賞金受取りに行ってみた

台湾のレシートは宝くじつき、というのは有名な話だと思います。私も台湾に来てからずっと集めて、発表の時には一枚一枚確認しています。が、当たっても賞金引換えに行ったことがありませんでした。 昔は200元

記事を読む

台北の現地美容院、放浪記。

東京は大雪が降ったようですが、台湾では勿論降りそうにない(友達によれば10年に一度ぐらいは降るかも、とのこと)。ただ、寒波が今週来るということで、ユニクロでヒートテックを仕入れてきた。 寒いと髪

記事を読む

台北のアメ横?年末の迪化街へ

旧正月も明けたこの頃、私は日本でバタバタ休みを消化中。やっと少し落ち着いたので、年末のお話。 2月と言う名に騙されてたが旧正月でも年末には年末進行という恐ろしい習慣があり、2週間分の準備をしなく

記事を読む

no image

台北で占いに行く。

朝のテレビニュースの12支占いにも興味がない私ですが、何か神秘的なものは、良く分からないので若干恐れながら信じてしまいます。恐れがあるので、占い師と対峙した時点で既に負けてるんですが…。 今迄2

記事を読む

no image

外省人に聞いた二・二八事件、和平紀念日

2月28日、和平紀念日。台湾の休日。二・二八事件(wikipedia:二・二八事件)が起きた日。 この記念日であった木曜日、台湾人の友人(30代前半の外省人)とこの事件について話して、今迄の理解と大

記事を読む

台北のボーリング場

かなり前に行って、ネタに写真撮ったのを忘れてた…。 台湾にもボーリング場はございます。(少なくとも台北では)東京や近郊の複合施設はなくて、町中の地下室にこっそりあったりします。 看板を見ると、

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 
台湾プリペイドSIMで電話番号を長期保存する

お久しぶりです。突然ですがまもなく台湾を離れるので、その準備に追われて

野良猫 in 台北のまちかど
「台湾猫の楽園」猴硐猫村と、野良猫のエサやり

最近、30代一人暮らしの寂しさからか何なのか、猫との共同生活に興味津々

悠遊卡-小銭チャージ。このタイプの機械!
台湾で余る大量の小銭は、悠游卡にチャージしてしまおう。

台湾旅行者リピーターも、在住者にもオススメ。 台湾での小銭の処理方法

激安!台北マンゴーかき氷の定番「冰讚」

夏の台湾。今の時期、6~7月はマンゴーの旬ど真ん中の時期です。 むし

香港旅行の感想

数週間、香港+広州+深圳に行っておりました。 香港と中国、それぞれ私

→もっと見る

PAGE TOP ↑