区画で示す住所表記(街区方式)は日本だけ?

公開日: : 最終更新日:2013/07/28 つれづれ

今回は、街区方式と道路方式。日本の住所表記と海外のそれについて。

最近、語彙や表現は少ないものの、中国語の方が英語よりも出て来て仕事に支障が出ている私です。勉強して常にアウトプットしようとしてると脳がそういうモードになるんでしょう。
対策として、仕事が単純作業の時にはTed Talkを聞きながらシャドウイングをしています。シャドウイングとは、聞きながら同じ事を呟くことです。リスニングとアウトプットを同時に鍛えます。大学の頃、通訳養成者学校でバイトをしていた時に知りました。

■区画と道の名前

さて、それを聞いていると、このビデオの中で面白いことを知りました。
 Drek Sivers “Weird or just different” (日本語字幕有り)

日本は区画(ブロック)に番地があるけど、全ての通りに名前はない。
海外では、道に名前はあるけど区画に名前がない。区画は、あくまで道と道と間のスペースに過ぎない、と。

よく海外との住所の話になると『順番が逆』とか言いますが、それよりもこの違いの方が大きいんじゃないかと思います。
海外の道の名前で表す住所の例として、台湾のを挙げます

○○市○○区○○街(○○巷○○弄)○○号○○楼

市区(Town, City, District)で大まかに場所を特定して、その中の街や路(Street)を表示。その道からさらに小道に入る場合には巷や弄(Lane)で道を特定します。※弄よりもさらに小さい衖という単位も有る。あまり見かけない
家の番地は、その道沿いの何件目に立っているか、を示す号(No.#)で表す。

道が長い場合や区を跨ぐ場合、番号表記は国や行政によって違うらしい。台北では、区は関係なしに、道を段(Section)に区切って1段の100号、2段の200号と分ける。他の国では、段ではなく行政区で区切って、XX区XX街100号。区を跨いだらOO区XX街1号になるところもあるらしい。

■区画表記(街区方式)は日本だけ?

この日本の区画表記は街区方式と言い、海外で一般的な道の名前表記は道路方式というらしい。

前に勤めていた貿易会社で欧州、中東、アジア各国に書類を送付する時に書いた住所の宛名も道路方式で、長ったらしいなぁと思っていたものでした。その時、20-30カ国と取引していましたが日本と同じ様な住所はみた記憶がありませぬ。
日本の街区方式は英語で書いても短く書けるので、良いなぁと思ったものですが。

ググってみると韓国も昔は区画制だったようですが、2007年に通りの名前基準に変更されたようです。
地球の歩き方/韓国・ソウル特派員ブログ「韓国の住所表記が変更に」

他には例を探せなかったので、今では日本だけ…もしくは極少数派なんでしょう。昔の韓国システムも、もしかしたら日本統治時代のシステムを引き継いでいただけなのかもしれません(あくまで想像)。

■何故、街区方式になったのか

通り表記の方が、慣れると初めての場所でも辿り着き易いです。でも、私は「日本が遅れてる」とは思いません、ただ考え方が違うだけです。むしろどうして日本が区画表記になったのかに興味があります。

ググると制定の経緯は見つかりますが、道路方式ではなく街区方式になった理由や、海外との思想的な違いに触れたものが見つかりません…。なので想像して理由を考えてみようとおもいます。

現代の住所表示制度の元になったのは、明治4年の最初の戸籍制度らしい。ここまでしか手がかりが無いのであとは勝手な想像。

やっぱりムラ社会の考え方が、区画で住所を区切る考え方に結びついたんじゃないかな、と思う。それに明治政府も、天皇を中心とする新しい政体を確立して、人民を一致団結させて管理する必要もあっただろうし。日本人の習慣と、政治の思惑の両方にマッチしていたんじゃないかなぁ。

今でも町内会なんてシステムが稼働してるぐらいだから、区画内の仲間、ご近所さんという意識は強いんじゃないだろうか(今や薄れつつあるとは言えど)。ほかにも避難所の区画、公立校の通学範囲、消防、ゴミ回収車の曜日…区画で仕切られた「仲間」範囲は現役ですね。

そんな生活スタイルには、道路方式はやっぱり合わないと思う。たとえば、「山本街の1番から20番、田中街の40番から100番、田中街50巷1番から40番」が一組。と言うより、「山本町の皆さん、田中町の皆さん」が一組と言った方がご近所さんっぽい。

やはり日本の特異なシステムだけに、何故そうなったのか気になるなぁ。こんな所からも「日本人」が何なのかを考えるキッカケになるように思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

語学だけじゃダメ!新年の目標を再確認|読書「ノマドと社畜」

twitterで痛快なツイートをしている 谷本真由美(@May_Roma)さんの本「ノマドと社畜 ~ポスト3.11の働き方を真剣に考える」(kindle)が出たと知り、早速ダウンロード。 日本の

記事を読む

no image

台湾で京劇を観る – 紅樓夢より

台湾で京劇をみた 先週、台北で京劇を見て来ました。光國という、台湾最大級の京劇の劇団による公演でした。 開演前に、光國の発行してる宣伝冊子を見てみると、その日の演目の主役は女性でした。京劇と聞

記事を読む

ガスが溜まる私に〜胃に良い生活習慣

生まれて30年近く…やっと最近になって「胃腸が弱いのかも」と気がついた私。昨年、胃腸を労るようになって、色々と心身に影響があったので大切な事なのかもと思いました。 先日、コンビニで胃腸の健康本ム

記事を読む

台湾のくじ付きレシート「統一發票」賞金受取りに行ってみた

台湾のレシートは宝くじつき、というのは有名な話だと思います。私も台湾に来てからずっと集めて、発表の時には一枚一枚確認しています。が、当たっても賞金引換えに行ったことがありませんでした。 昔は200元

記事を読む

台湾で仕事始めて2年、3年目への決意|ビザ(居留證)の更新へ行って来た。

そろそろビザが切れる(一年更新)ので、移民署にきた。私のビザは工作證なので、一年に一回、労働許可書を申請して更にビザ(居留証)の更新もしなくてはならない。あーめんどう!とは言え、引越しの時にも住所書き

記事を読む

[和食in台湾] 富士宮やきそば&唐揚げを食べてみた

西門の富士宮やきそば「Attv西門町101studio日本美味通」に行って来ました。西門駅から近いドリンクスタンドだった所に、先月ぐらいに突然現れた焼きそば屋さんです。 なかなか人気。 すぐに

記事を読む

no image

台湾に油淋鶏(ユーリンチー)は、あるのかないのか問題

日本で有名な中華料理、ユーリンチー(油淋鶏)。今回は、ユーリンチーにまつわる妄想です。※注意:事実を元にした情報ではなく、私の限られた台湾生活経験と拙い中国語を使って数秒ググった少ない情報に基づく妄想

記事を読む

no image

「地元」に対する、アメリカ人とヨーロッパ人の考え方の違い

今日、たった今、アメリカ育ち人と飲みに行って、ヨーロッパ人とアメリカ人の考えの違いを目の当たりにしたので、メモ。 登場人物 ・スペイン育ちのスペイン人。台北在住。 ・台北生まれ、アメリカ育ち

記事を読む

鋼彈!ガンプラ・エキスポ台湾2013に行って来た

色々な文化的な催しものが開かれる台北の華山1914文化創意產業園區。先週から、ここでは「台灣2013 鋼彈模型博覽會」(ガンプラ・エキスポ)が開かれております。 ちなみに、鋼彈とはガンダムのこと

記事を読む

no image

他人任せのやり過ごし方。日々、考える習慣をつけること。

■震災から2年 震災の起きた2年前、今勤めている台湾企業の選考途中だった。地震後の面接では「国外避難するためにも働きたいです」なんて冗談を言ったぐらいだけど、毎日ビビってた。東京8人シェアハウスして

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 
台湾プリペイドSIMで電話番号を長期保存する

お久しぶりです。突然ですがまもなく台湾を離れるので、その準備に追われて

野良猫 in 台北のまちかど
「台湾猫の楽園」猴硐猫村と、野良猫のエサやり

最近、30代一人暮らしの寂しさからか何なのか、猫との共同生活に興味津々

悠遊卡-小銭チャージ。このタイプの機械!
台湾で余る大量の小銭は、悠游卡にチャージしてしまおう。

台湾旅行者リピーターも、在住者にもオススメ。 台湾での小銭の処理方法

激安!台北マンゴーかき氷の定番「冰讚」

夏の台湾。今の時期、6~7月はマンゴーの旬ど真ん中の時期です。 むし

香港旅行の感想

数週間、香港+広州+深圳に行っておりました。 香港と中国、それぞれ私

→もっと見る

PAGE TOP ↑