台湾で京劇を観る – 紅樓夢より

公開日: : 最終更新日:2014/09/04 つれづれ

台湾で京劇をみた

先週、台北で京劇を見て来ました。光國という、台湾最大級の京劇の劇団による公演でした。

開演前に、光國の発行してる宣伝冊子を見てみると、その日の演目の主役は女性でした。京劇と聞けば、M. Butterfly という舞台にもあるように演者は全て男性というイメージがあったので、意外でした。私のイメージが古いだけで、女性役を女性が演じるのは、近現代では普通のことらしいです。

※M.Butterfly は、アメリカの戯曲。うろ覚えだけど…中国に駐在したフランス人外交員(男)が、男性である京劇の女形(スパイ)と懇ろな関係になって色々な情報をリークしてしまうという実話を元にした舞台。映画にもなっているはず。性別と性役割、当時支配的な西洋と従属的な東洋という固定観念が色々とヒックリ返される、目から鱗な台本。私は本を読んだだけで舞台も映画も未見だけど、機会があればおすすめ。台本の英語もそんなに難解ではなかったです。

京劇ー紅樓夢

見た舞台は、紅樓夢という、近代のめちゃくちゃ長い小説から抜粋したごく一部。伝統的な京劇は、唐の時代のものだったりするらしいので台湾人でも何を言っているか分からない!(発音自体変わっているから…)らしいのだけど、この紅樓夢に関しては、清の時代に作られた小説だったので、私でも中国語の字幕を見ながらも筋を追える程度の難解さ。コミカルな場面もあって笑えたりもします。前に観た事のある三国志なんかより、初心者には観易いんじゃないかと思います。

そういえば前に中国語の先生が、紅樓夢なら他の歴史的な小説よりも難しくないので学習者でも読める、と言っていたのを思い出した。やっぱり中国語は平易なのかも。(中国語学習してない方でも、英語字幕がありましたよ。)

紅樓夢は日本語訳も出ているみたい。Wikipedia の紅樓夢の項を見てみると、

清代末期から紅楼夢を専門に研究する学問を紅学といい

とあるぐらいなので、中国語圏の文化としては、由緒ある誇れるものなんじゃないかと思います。

私が観た箇所は、夫が第二夫人を娶ったことに嫉妬する第一夫人が、第二夫人に親しく近寄り、笑顔の下で様々な謀略を張り巡らせて、自害に追い込むというお話でした。なんというか…エンタメってどの時代も変わりませんね。台湾、韓国、日本…どこでも嫉妬は永遠のテーマですわ。

京劇にも沢山種類がある?

おそらく「京劇」と名のつくものは、北京時代の文化だからなので、他に種類があると言って良いかは微妙だと思うんですが、中国語の先生が「京劇には他にも種類があります」と教えてくれました。

廣東話、閩南語、四川…広い国土だけに似た様な種類がたくさんあるらしい。日本の狭い国土のなかでも、地方芸能は色々あるんだから…と想像するときっとバラエティ豊かなんだろうなあと思います。

台湾だからといって、東京の能や歌舞伎程、そんなに頻繁にはやっていないみたいなので運ですが…また、京劇を観たいなと思わせる楽しい観劇でした。しかし、台湾の劇場の少なさや芸術文化の貧弱さは切ないわ…。

スポンサードリンク

関連記事

台湾で仕事始めて2年、3年目への決意|ビザ(居留證)の更新へ行って来た。

そろそろビザが切れる(一年更新)ので、移民署にきた。私のビザは工作證なので、一年に一回、労働許可書を申請して更にビザ(居留証)の更新もしなくてはならない。あーめんどう!とは言え、引越しの時にも住所書き

記事を読む

悠遊卡-小銭チャージ。このタイプの機械!

台湾で余る大量の小銭は、悠游卡にチャージしてしまおう。

台湾旅行者リピーターも、在住者にもオススメ。 台湾での小銭の処理方法を紹介しますです。 台湾旅行で発生、大量の硬貨 海外旅行に行って、帰国日になって小銭が財布の中でジャラジャラとすることありませ

記事を読む

no image

区画で示す住所表記(街区方式)は日本だけ?

今回は、街区方式と道路方式。日本の住所表記と海外のそれについて。 最近、語彙や表現は少ないものの、中国語の方が英語よりも出て来て仕事に支障が出ている私です。勉強して常にアウトプットしようとしてる

記事を読む

台北の現地美容院、放浪記。

東京は大雪が降ったようですが、台湾では勿論降りそうにない(友達によれば10年に一度ぐらいは降るかも、とのこと)。ただ、寒波が今週来るということで、ユニクロでヒートテックを仕入れてきた。 寒いと髪

記事を読む

no image

語学だけじゃダメ!新年の目標を再確認|読書「ノマドと社畜」

twitterで痛快なツイートをしている 谷本真由美(@May_Roma)さんの本「ノマドと社畜 ~ポスト3.11の働き方を真剣に考える」(kindle)が出たと知り、早速ダウンロード。 日本の

記事を読む

Facebook&ソーシャルゲームから日本/台湾の違いを考えてみる

Facebook も日本に根付いて大分経ちますね。最近はアプリも増えてきていますが、今台湾で話題のアプリはゲームのCandy Crush Sagaです。昨年のLine Pop、Diamond Dash

記事を読む

no image

国民背番号制を思う|居留証の住所変更に行って来た〜

台北市内引越しを済ませた私、まだまだやる事はたくさん。一番大事なのは、居留証の更新!入国後のビザでありIDであり外国人登録証である、1枚3役の優れものである! 住所を変更したので、これも更新へ。パス

記事を読む

ガスが溜まる私に〜胃に良い生活習慣

生まれて30年近く…やっと最近になって「胃腸が弱いのかも」と気がついた私。昨年、胃腸を労るようになって、色々と心身に影響があったので大切な事なのかもと思いました。 先日、コンビニで胃腸の健康本ム

記事を読む

台湾のマック:白黒のハンバーガー・黑白絕色堡を食す

twitterを眺めていたら、台湾のマクドナルドで白黒のバーガーが販売開始という情報を見たので、早速食べてみました。 お店に行くと、何か怪しげな看板がイチオシ位置にディスプレイされてます。「黑白

記事を読む

no image

2度目のクリスマスイブin台北でした

お気に入りのクリスマスキャロル。the twelve days of christmas. 英語ウィキペディアでは、この曲だけでもながーい記事があって歌詞も色んなバリエーションがあるぐらいメジャーな曲

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 
台湾プリペイドSIMで電話番号を長期保存する

お久しぶりです。突然ですがまもなく台湾を離れるので、その準備に追われて

野良猫 in 台北のまちかど
「台湾猫の楽園」猴硐猫村と、野良猫のエサやり

最近、30代一人暮らしの寂しさからか何なのか、猫との共同生活に興味津々

悠遊卡-小銭チャージ。このタイプの機械!
台湾で余る大量の小銭は、悠游卡にチャージしてしまおう。

台湾旅行者リピーターも、在住者にもオススメ。 台湾での小銭の処理方法

激安!台北マンゴーかき氷の定番「冰讚」

夏の台湾。今の時期、6~7月はマンゴーの旬ど真ん中の時期です。 むし

香港旅行の感想

数週間、香港+広州+深圳に行っておりました。 香港と中国、それぞれ私

→もっと見る

PAGE TOP ↑