台湾中部への旅 ー 台中 part.2 台中から日帰り!鹿港観光

公開日: : 最終更新日:2014/12/01 台湾中部

台中自体はそんなに広くないので、一日あれば大体の古跡は見て回れます。むしろ、台中からは日月潭,埔里などの周辺観光地へのアクセスが良いので、折角なら周りの土地へ行くのも良いかも。ということで、今回は鹿港へ行って来ました。
1日目の様子はこちら:

■台中から鈍行電車で

台中から鹿港までは、鉄道で15〜30分。距離も近いので、特急列車でも50元ぐらいだったと思います。行き道は鈍行列車で30分。
こんな電車にのります。
 彰化到着。古い廟や博物館もあるのですが、今回の目的地は鹿港なのでスルーしますw
彰化の駅

■彰化からバスで鹿港へ

駅前のロータリーでひたすらバスを待ちますが、なぜか素通り。近くの人に聞くと、鹿港行きのバスはバス乗り場から、とのこと。駅を背にして10時の方向にバスターミナルがありました。もっと早く聞けばよかった!

因みに車で30分かかるので、タクシーが安い台湾とは言え、そこそこお金が掛かってしまうかもしれません。
時刻表。鹿港を通るバスは幾つかあるみたい。2,30分に一本は出てる模様。切符を券売機で買う前に、何番バスの切符を買えば良いか、愛想の悪い係員に尋ねた方が良さそう。
バスで30分程で、鹿港附近に到着。鹿港というバス停で下りてしまったが、先の天后宮で降りた方がベター。というのも、観光スポットの奥地が天后宮と周辺の屋台街や老街なので、途中の停留所で下りると一瞬道に迷ってしまったからですw
で、この辺りは清代からの建物も残っていて雰囲気がありますね。

■静かな小道、後車巷

表通りは商店が多く、また歩道はアーケードに成っていて建物が観辛い!ので、後車巷という小道を歩きます。もう一本奥には、老街が平行して走っていますが、これは帰りに通ることにします。

通りの、とある民家には(恐らく道教の神様や仙人?の)フィギュアがたくさん!2011年頃、NHKで観た鹿港の旅行番組でみた事のあるお家です。おじいさんが趣味で作っているとか。丁度台湾就職が決まった頃の番組だったので、偶然見られて当時を思い出して、ちょっと嬉しいです。

まっすぐ歩くと、視界が開けて天后宮に辿り着きます。しかし、お昼が未だなので先ずは腹ごしらえ…

■鹿港の名物といえば、牡蠣!

牡蠣が有名な鹿港、やはり牡蠣を使った小吃を食べたいと思います。天后宮の門の目の前には、牡蠣料理のお店が並んでおります。

今回食べたのは、蚵仔(牡蠣)の蚵爹。ネギと小麦粉で練られた皮の中に牡蠣が沢山入った揚げ物〜。ジューシーで汁がこぼれる…美味しかったです。

蚵爹

■天后宮

こちらは建立から400年以上経つ、媽祖の廟です。

私にとっては道教のお寺は、どこも凄いなーと思うぐらいで、あまり違いや特色を見る目がないんですが。。。色とりどりのタイル、装飾は綺麗でした。
ちょっと勿体ないので、廟の建築解説書みたいなのを買って、鑑賞が楽しめるように勉強しようかなぁ。

雨だから?お供え物が少ない。納められたばかり?
屋根の装飾
廟の裏側にも中庭らしき何かもあって、比較的大きい廟でした。
ゆったりと鑑賞した後は、廟の近くにスタート地点のある老街へ移動〜。

■鹿港老街

この通りには、清代の赤い瓦の建物がとても多く残っています。地元の方が住んでいるのも時々見かけますが、殆どは中が商店に再利用されています。

この通りにある、日本時代1928年に建てられた、鹿港公会堂。
中に展示があるようなんですが、祝日のため入れず。残念でした。

鹿港公会堂
中には、折角の歴史ある建物が夜市のゲーセンのようになっているところも…。
九份や他の観光地、各地の博物館もそうですが、台湾らしいなと思いました。全てがお金を生み出す方向に最適化されてるというか。
こんなに歴史ある町並み、日本だったらなぁと想像します。少なくとも変なアートもどき(失礼)のグッズや、ゲーセンは造らないんじゃないでしょうか。保存したり博物的に見せる町づくりをすると思うんですが、鹿港では、地元の人の生活に根付いていたり、若者が好むアートを入れたり。どちらが良い悪いではないですが、考え方が違うんでしょうねぇ。おもしろい。
古建築ゲーセン
鹿港老街

ずっと歩き続けて疲れたので、カフェに入ることに。

■鹿港カフェ・馬可尼咖啡

奥にある席でまったり。
エスプレッソ、ココナツベーグルを頂きました。清潔で広くて、古い家屋をリフォームした店内は居心地がよく、1時間ぐらい長居してしまった。

このお店で面白いのは、この店の奥には中庭があって晴れていれば空の下でもコーヒーが頂けるところ。更に奥に進むと、小さな廟や展示室とも繋がっていて、なかなか雰囲気がありますです。
更に更に奥に進むと出口。外にでると、目の前には鹿港民俗文物館が。

こちらの台湾人ブログには、裏から入った写真が多数ありました。
Nicole的生活日記「丁家大宅」

馬可尼咖啡(Makaeni Coffee)
住所:彰化縣鹿港鎮中山路134號

■鹿港民俗文物館

さて、その鹿港民俗文物館ですが、昔の豪邸でした。
着いたのが遅くて閉館1時間前だったので受付のおっちゃん、入場料金を半額にしてくれました!

鹿港文物館

もともとは辜顯榮という地元有力者の館だったのですが、鹿港文化保存の為に寄贈されたお屋敷です。
中には、多くの展示物。鹿港の歴史、中華文化の豪華な調度品などなど。洋館もあれば中国風の古い造りの建物もあって広いので、中国語が分からなくとも楽しめると思います。

私が気になったのは、日本時代の医薬品室の展示。薬品棚には「硫酸キニーネ」の文字。
展示の説明によると、鹿港出身の薬学士だそう。貧しいながらも頭が良かったので、本土(当時の日本)に留学、台湾に戻った後は総督府中央研究所で働き、中華民国になった後も台湾の医療の発展に貢献したとのことです。

■鹿港から台中へ戻る

歩き疲れたので、台中に戻る事に。
帰りのバスは、行きと同じ彰化客運で彰化駅まで向かいます。

行きは鈍行でしたが、帰りは快速電車の自強号に乗ります。鈍行が30分なのに、これだと15分!しかも40元とまだお安い。

彰化は、山線と海線の中継地。同じ自強号でも海線に乗ると台中駅には着かないので、ちゃんと山線の自強号のチケットを買います。

ところで、この自強号に乗ったのは良いんですが、私の席におじーさんが堂々と座っておる!!
「いや、台湾だからこの席は発券時の仮のもので、実態は使われてないんじゃ」とか色々考えた挙げ句、デッキで15分立っておりました。
あとから聞くとそんな事は無く、鈍行チケットを買った人が、人が居ない席に勝手に座っているだけとのこと。ちゃんと言えばどいてくれるとのことでした。そういえば、デッキで立ってた人、私の他にもたくさんおりました。
うーん、やっぱり日本の保護されて育った性質が抜けませんw恐らく日本なら、まず快速券を買ってない人が乗り込んでるってのは少ないんじゃないんでしょうか。距離が短いとチケット確認しないのかな。もっと強くならないと(笑)

鹿港は小さい街なので、半日でも十分満喫できました。台北からも日帰りで行けるらしいです。台北に飽きた方は、おすすめです。

台中に着いた後は疲れてしまって、マクドナルドを食べて寝てしまいました。

3日目に続く!
台湾中部への旅 ー 台中 part.3 観光スポットを回る

埋め立てられたエスカレーターw
スポンサードリンク

Test A2 – 7PC

  

関連記事

台中肉圓

【台中】注文はサバイバル—美味しい台中肉圓

台中旅行に行った際に食べた、ガチうま肉圓のお店、台中肉圓(店名そのまんまや)。味はともかく、他の地方からの観光客と思われる台湾人も少し戸惑っていたwお店の超ローカルルールが印象的だったので、ご紹介。

記事を読む

台北から台中へー長距離バスの旅

台北から台中へー交通手段 台中への行き方はたくさんあります。 高鐵(高速鉄道)いわゆる新幹線 台鐵(台湾鉄道) 長距離バス 新幹線が一番速い(1時間)んですが、新幹線駅から市内

記事を読む

台中市政府(台中州廳)

台湾中部への旅 ー 台中 part.1 台中市役所、台中公園など日本統治時代の建物巡り

台中旅行まとめ1日目。全部で3日分になる予定です! ■台北から台中へ まずは長距離バスで台北から台中まで。チケットを買ってから乗車まで3時間。更に通常2時間で着くところ、清明節の混雑で3時間半かか

記事を読む

台中の安宿:富春大飯店

長距離バスで台中に到着した私。一人、街ブラの旅なのでホテルは安さが勝負です。 ネットで予習したところ、台中は安宿天国らしい(もちろん、高級ホテルもありますお)。台北では、どんなに安くても1泊70

記事を読む

【台中】宮原眼科でスイーツ

台中の今一番熱い人気スポットといえば、宮原眼科でしょうか。眼科?と思われるかもしれませんが、スイーツショップです。 日本統治時代の宮原眼科が廃墟と成っていたのを、リノベーション。復活させた建物と

記事を読む

観光:台中市政府(台中州廳)& 台中市役所

台中旅行、最初の観光スポットは台中市政府です! 1913年に建てられた日本時代の台中州廳(州庁)。1912年に着工して翌年には完成。設計は台北州廳、台南州廳と同じ、総督府営繕課の森山松之助(wi

記事を読む

台中市警察局第一分局(旧・台中警察署廳舎)

台湾中部への旅 ー 台中 part.3 観光スポットを回る

台中3日目は、旧跡や台中名物な食べ物をご紹介。1日目は古跡、2日目は遠出をしたので、最終日は台中駅付近のメジャーな観光スポットをざっと見て回ります。 台中旅行 1-2日目の様子はこちら: 台湾

記事を読む

台中名物・太陽餅のお店:太陽堂,林信一福堂

スーパーの太陽餅 台湾のお菓子、太陽餅! 台北はもちろん、発祥の地・台中でも今でも多くの菓子屋が太陽餅を販売中。今回は、台中の太陽餅のお店を2店紹介。 ■太陽餅とは? 台北の土産物

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スポンサードリンク
 
中華電信プリペイドSIM
台湾プリペイドSIMで電話番号を長期保存する

お久しぶりです。突然ですがまもなく台湾を離れるので、その準備に追われて

野良猫 in 台北のまちかど
「台湾猫の楽園」猴硐猫村と、野良猫のエサやり

最近、30代一人暮らしの寂しさからか何なのか、猫との共同生活に興味津々

悠遊卡-小銭チャージ。このタイプの機械!
台湾で余る大量の小銭は、悠游卡にチャージしてしまおう。

台湾旅行者リピーターも、在住者にもオススメ。 台湾での小銭の処理方法

マンゴーかき氷 冰讚ー外観
激安!台北マンゴーかき氷の定番「冰讚」

夏の台湾。今の時期、6~7月はマンゴーの旬ど真ん中の時期です。 むし

HongKong
香港旅行の感想

数週間、香港+広州+深圳に行っておりました。 香港と中国、それぞれ私

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑