映画感想:蔡明亮カフェと台湾映画。

公開日: : 最終更新日:2014/02/18 台北カフェ

最近、台湾映画を見ている。

きっかけは、友達とカフェに行ってから。日本時代の建物だということで行ってみたのだが、これがなかなか良い。
週末はどこも満杯。台北人はスタバ以外行く所がないのかなー、と思う程カフェは芋洗い状態。そんな中で、やっと静かな良いカフェをみつけました。空いていて比較的静か。眺めも雰囲気も良い。

蔡明亮咖啡走廊
http://www.taipeinavi.com/food/771/

と、どうやらここは蔡明亮という映画監督のコレクションのあるカフェらしく、それをきっかけに台湾映画を見ることにしたのでした。

今迄見た台湾映画といえば、侯孝賢の”millenium mambo” (千禧曼波)、神保町を舞台にした”珈琲時光“、芸術映画数本…(タイトル失念)、そして数年前に大ヒットとなった日本と台湾の間の歴史も感じるラブストーリー、”海角七號”ぐらい。
偏っている上に少ない!けどまぁどれも良い映画だったと記憶しておる。

さて、で。蔡明亮。レンタルビデオ屋で「河」と「青春神話」という初期の作品をみる。
長回しが多く、単調な日常、普通の台北の風景が写されている。映像は、泥臭いドキュメンタリーっぽい。

この普通の台北の風景、というのはかなり大事なポイントだと思う。上記のちょっと昔の芸術映画では台北の都市のカッコいい所を写していたし、最近の映画数本を見ると、「おしゃれ」な若者の見たい台北像しかない。芝居がかっていない、台北人の生活や視点や風景というのは、他のなかなか映画では見る事が出来ないんじゃないかなと思う程。

台湾に1年住んでみて、(よくも悪くも)見た目の華やかさや外見を繕うところは日本以上だなーっと思っている。カフェに一緒に行った映画ファンの友達曰く「台湾人は蔡明亮の作品が嫌い。台湾の恥部をなぜ海外に曝け出すのか、と。」言っていた。

映画を見る時ぐらいは日常らしさを排除して夢の世界に行きたいのかな。
しかし、夢を見過ぎて、最近の映画を見ると映像や音楽やストーリーに一貫性のないごった煮になっている傾向にある気がする。

スポンサードリンク

Test A2 – 7PC

  

関連記事

滿樂門

台北カフェ:滿樂門

落着くカフェを求めてどんぶらこ、今回は日本人歓楽街の近い、中山駅附近の老建築カフェ、滿樂門へ! 長安西路と中山北路の交差点にございます。台湾のカフェ本によれば、この中山北路はもともと圓山にあった

記事を読む

no image

台北のカフェ事情。お気に入りカフェを見つけるぞ!

日本に居た頃は、お気に入りのカフェに入り浸っていたわたくし。大学生の頃は、他にやることも無いので(いや、勉強しなさいよ)、古い喫茶店で読書/昼寝/瞑想をしておった。 台北に来てからはカフェ通いも

記事を読む

台北の中山堂(台北公会堂)

台北カフェ:蔡明亮咖啡走廊(中山堂)で小津映画を鑑賞

台北で、今のところお気に入りno.1カフェ 蔡明亮咖啡走廊に昨日行ってきました。 ■蔡明亮咖啡走廊紹介 蔡明亮とは、マレーシア華僑の映画監督。主に台湾で活躍していますが、国際的な賞も受賞してい

記事を読む

【台湾カフェ】西門・Moutcha Cafe 沐茶閱讀咖啡館

台北にて純喫茶を求めて、早2年。お気に入りの店を増やすべく、コソコソとスタバ以外のカフェを探索中の @shz_akb です。 関連記事:台北のカフェ事情。お気に入りカフェを見つけるぞ! そ

記事を読む


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スポンサードリンク
 
中華電信プリペイドSIM
台湾プリペイドSIMで電話番号を長期保存する

お久しぶりです。突然ですがまもなく台湾を離れるので、その準備に追われて

野良猫 in 台北のまちかど
「台湾猫の楽園」猴硐猫村と、野良猫のエサやり

最近、30代一人暮らしの寂しさからか何なのか、猫との共同生活に興味津々

悠遊卡-小銭チャージ。このタイプの機械!
台湾で余る大量の小銭は、悠游卡にチャージしてしまおう。

台湾旅行者リピーターも、在住者にもオススメ。 台湾での小銭の処理方法

マンゴーかき氷 冰讚ー外観
激安!台北マンゴーかき氷の定番「冰讚」

夏の台湾。今の時期、6~7月はマンゴーの旬ど真ん中の時期です。 むし

HongKong
香港旅行の感想

数週間、香港+広州+深圳に行っておりました。 香港と中国、それぞれ私

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑